農業の「経験と勘」、環境データの見回り省力化『圃場のデータ管理』


■課題

日本の農業は、担い手不足・農作業の省力化・栽培技術などの問題を抱えてます。そんな日本の農業の現場の苦労を各地で問題視され、IT化で解決に向けた支援していくことが求められています。

 

■概要・期待効果

 多機能センサーから得られたデータ解析で誰でも手軽に生育状況わかるようになります。さらに、高度データ解析で炭酸ガス量などで収穫/出荷時期の予測や気象データと結び付け栽培に関するリスク予測、過去のデータから生育の傾向から確実に成熟した作物の収穫が期待できます。

[使用機器・サービス]

SpreadRouter-LTE

LTE回線でデータ送信

SpreadRouter-MW

・観測点が点在している計器をLoRa無線で集約

■環境測定計器

RS232C/RS485、アナログ信号、デジタル信号の多種多様計測

ダウンロード
圃場のデータ管理.pdf
PDFファイル 80.2 KB

管理NO:14