広範囲にある設備の定期点検を効率化『マンホールポンプ監視』


■課題

日本の下水道事業は、人口減少による収入減少や管理に関わる人材の減少、施設の老朽化などさまざまな問題を抱えている。また、全国各地でゲリラ豪雨が頻発し、市街地ではマンホールから突然水が吹き上がり、浸水する被害も相次いでいる。

 

■概要・期待効果

マンホールポンプの水位・雨量データを低コストで遠隔監視できます。

PLCで計測機器を集約している構成でも、Mdbus-RTUモードを利用することで無線ネットワークが実現できます。周辺に点在しているマンホールポンプ装置をLoRa無線で広範囲ネットワークにつないでデータ集約。

[使用機器・サービス]

SpreadRouter-LTE

LTE回線で計測データ送信

SpreadRouter-MW

0-5Vアナログ値取得

PLC

RS232C/RS485PLC接続

ダウンロード
マンホールポンプ監視.pdf
PDFファイル 92.8 KB

管理NO:7