今後、IoT市場においてセンサー等のデバイスをインターネットにつなげる必要性が欠かせなくなります。

SpreadRoutre-MW」を利活用すれば、例えば動力モータなど機械装置は経年劣化します。今までの様な異常結果だけではなく対象機械装置にセンサー(振動、動作ONOFF回数、電流値、表面温度など)を取り付けて状態監視を行うことで『できるだけ長い間故障しないで動かしたい』や『設備メンテナンスを計画的に適材人数で熟す』が実現できます。

 

ただし、対象機械装置が複数台・広大な敷地に点在している場合には、ケーブル配線工事やネットワーク構築が必要となりますが、広域をカバーできるLPWALowPwerWideArea)が課題解決に適しており無線通信としてLoRaWANを採用しています。

 

 

 

センサーデータを手軽に有効活用していただけるSpreadRouter-IoTセンサーパック」サービスを展開いたします。

 

お客様毎にセンサーデータを当社データーセンターで保存・管理いたします。ご契約者はデータが必要時にデータセンターにログインしていただき対象ファイルを受け取るだけです。ファイルはCSV式ですので市販ツールソフトで簡単にグラフ化が出来ます。

また、オプション機能として異常メール通知(指定閾値を判断基準)もご用意しております。

SpreadRouter-MW~データーセンタ管は閉域網構築しておりまのでセキュリティ対策は万全です。

 


SpreaRouter-MW IoTセンサーパック 概要・運用事例



■ データの利活用