深刻火山活動の変化を把握して事前対策に活用『断層ひずみ計測』


■課題

地震国日本と活断層. 日本及びその周辺では、世界で起こっている地震の約1/10 にあたる数の地震が発生しています。微小地震観測データを始めとするこれらの常時観測データを取得するための通信手段が必要である。

 

■概要・期待効果

火山層のひずみを常に計測することで、自然災害の兆候を察知します。

SpreadRouterMWにより、中継機の削減でコスト削減を可能にし、既設のシステムを改善します。

センサーと2.4GHz無線機がシリアル通信の場合、SpreadRouterMWへの単純な差し替えだけで、手間がかかりません。

[使用機器・サービス]

SpreadRouter-MW

LoRa無線

ひずみ計測器 

RS232C計測器

ダウンロード
断層ひずみ計測.pdf
PDFファイル 143.5 KB

管理NO:6