■課題

 

「オフィス・工場などの従業員」

 

トイレに向かったが個室に空きがなく、移動したがまた空きがなく、、、と言う無駄な移動時間を避けさせたい。

 

 

 

「商業施設や病院、駅など公共施設の来訪者」

 

トイレ(個室)が混雑して行列が出来ています。待てない人は空いているトイレを探すか他のトイレへ行くべきか悩ましいものです。

 

 

 

IoT改善で簡単な方法でスマートにNSTGが解決いたします。なにより低価格

 

NSTGが提供する改善サービス

 

○トイレの空き状況を可視化

 

トイレに行かずともリアルタイムで更新される利用状況を確認でき、トイレごとの利用時間を表示させることにより長時間利用者の

意識改革にもつながります。

 

 

 

○利用時間の可視化で意識改革

 

スマートフォンの普及によってゲームやサイト閲覧などトイレ占有時間が長時間化しており、業務に従事すべき時間をトイレの待ち時間・

集中力の低下で生産性の悪化につながる。

 

 

○清掃作業の改善

 

データ集計によって利用率や利用時間帯を把握により、混雑する時間帯を避けて清掃やトイレットペーパや手洗い洗剤などを補充作業の

適正化など作業効率が図れる。

 

 

 

○簡単設置で手間いらず

 

トイレ(個室)のドア開閉状態を各扉に専用センサーを取り付けるだけです。専用センサーは低消費電力で電池駆動になっています。

電源で確保や配線工事が不要です。

 

 

 

○事故の早期発見と犯罪の防止

 

トイレ(個室)のドアが閉まってから指定時間後に管理者にアラート通知により、万が一の場合、自己の早期発見や犯罪などのトラブル

防止が可能です。

 

 

 

 

■取付イメージ