■課題

 重油、灯油、消毒液、バッテリ液、養液などの補充作業は、目減りを確認するだけのために設備がある現場に出向いて

液量残量をチェックした後に補充を行う非効率な作業である。

過酷な配送業務(重い補充液の運搬、現場と車両を行き来など)の労働負担を軽減や人手不足を解消させるための手段として

最適ルートによる配送回数・配送日数の改善が必要である。事前に補充が必要かの判断ができる仕組み作りを期待されている。

  

■液量残量の検知サービスの特長・目的

 当社は、通信インフラが整っていない過疎地でのLPWA広域ネットワーク構築を5年前から取り組んでいる。

 本サービスは、LPWA通信技術×IoT構築実績×センサーを組み合わせて液量状態(補充点)を常時監視して

当社の強みであるLPWA技術で監視対象物が色々な場所に沢山あってもカバーできる広域ネットワークを提供します。

  

① 既設容器にあと付けが出来るセンサー

② 液量残量が基準点で判断するセンサー

③ 判断結果を自動的にメール通知で配送員に知らせる 

④ 最適な補充タイムングを過去データで分析 

⑤ 巡回回数を減らして大幅なコスト削減 

⑥ 適時に現場へ出向き人海戦術からの脱却 

⑦ 人手不足の解消、人件費の抑制 

⑧ 長距離通信・広域ネットワークで各所にあるセンサーデータを一括集信 

⑨ 通信ユニットのRTC機能で定期間隔に把握 

⑩ スタンバイ機能が標準装備された通信ユニット 

⑪ 電池式外部電源装置のオプション対応 

LPWA通信による通信コストとの削減