『IoTセンサー』で事業継続のための SDGs/BCP 取り組み

災害などの緊急事態に際して、損害を最小限に抑え事業の継続や早期復旧

 

 


 世界的な気候変動や環境問題への対応は、近年ではSDGsの観点からも企業の存続に不可欠なものとなっています。環境保全業務は企業が果たすべき社会的責任である一方で、環境データの収集作業は人手に依存する部分が多く、人的リソースの確保も困難になっている中でのIoT化は喫緊の課題となっています。

 環境データを計測するセンサーの電波の届きにくい屋内や地下、電源が確保できない屋外などに設置されているケースが多く、従来のLPWA(Sigfox、LoRaWANなど)ではIoT化が困難でした。

 NSTG独自技術による『LoRa250mW高出力無線』を活用し、“死角のない無線通信ネットワーク”を構築することで、様々な場所に設置されているセンサーをつなぎ、自動的にデータを収集するシステム構築を可能とします。


センサーによる劣化状態

工作機械に不可欠な潤滑油の状態

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

道路照明灯のセルフ監視

照明灯点検をセンサー活用で人手に頼らず

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『信号踏切の障害検知』

踏切設備を状態監視して異常・障害検知

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

太陽光発電の出力制御

安定した出力制御で売電ロスを回避

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

危険区域の土砂被害

自然災害から鉄道路線を守る

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

航空障害灯異常監視

人の監視が届かない高所の機器も即座に把握

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『デマンドで電力料金抑制』

設備稼働に応じた電気使用量を把握

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

適時・適正な雨水放流

多数点の雨量・流量をまとめ無線監視・制御

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

工場設備の稼働監視

製造ラインのチョコ停を減らして生産性を向上

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

道路冠水の検知・警告

道路の冠水を早期に伝達・進入被害を回避

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆