駐車場の空き情報提供、顧客サービス向上『駐車状況の見える化』


■課題

近年、若者の車所有率低下や人口減少による駐車場の空きスペースが増加する一方で、都市部や一部の観光地では駐車場不足が続いており、個人や法人が所有する空き駐車場や遊休スペースの有効活用が求められてます。

 

■概要・期待効果

車室ごとに低価格で設置したセンサーで満空車の自動判断を行います。駐車場内の運営管理を軽減や誘導員の削減が可能となります。また利用者へのサービス向上としてスマートフォンのアプリから確認ができます。

[使用機器・サービス]

SpreadRouter-LTE

LTE回線でデータ通信

SpreadRouter-MW

ON/OFFのデータ取得

LoRa無線でデータ集約

■近接センサー 

・マイクロ波もしくは超音波で物体の有無検知

ダウンロード
駐車状況の見える化.pdf
PDFファイル 72.4 KB

管理NO:13