~ SpreadRouterシリーズの集大成 ~

SpreadRouter-A

        ポイントⅠ 各種LPWAモジュール内蔵                               ポイントⅡ 低消費電力設計ユニット

        ポイントⅢ 市販センサーを柔軟接続

 

 

 (1)LPWA通信方式の選択(開発計画も含む)

    長距離通信の無線ネットワークで集約する仕組みを構築したい

    通信ランニングコストを抑えてトータルコストを抑制したい

  [対象通信モジュール]

   ・LoRaLoRaWAN

   ・LTE-M

   ・NB-IoT

 

 (2)低消費電力

    LPWAは低消費電力と謳われるが、実際に利用して初めて実感した。机上論と違う!!

    商業用電源が確保できない

    産業用バッテリで運用したいがバッテリ交換の頻度を減らしたい

  [特長]

   ・110μAのスリープ機能

   ・外部トリガーキックまたは内蔵RTC(リアルタイムクロック)でキーデバイス部をスリープ状態から起動

 

 (3)多種多様センター・計測機器との柔軟な接続

    接続インターフェースは汎用性に富んだ設計にしており、

                     計測用途に適したセンサーを既設装置や設備に取り付けられます。

  [モデルラインナップ]

 

    ・標準モデル             ⇒ シリアル(RS232CまたはRS485):1ch

    ・アナログモデル[4-20mAまたは0-5V] ⇒ 入力:4ch + シリアル:1ch

    ・デジタルモデル           ⇒ 入力:4ch + 出力:4h + シリアル:1ch

 

 (4)既存SpreadRoutre-MWとの融合

    Spreadroutre-MW販売実績:600台で作り上げたパッケージソフトを継承

    IoTセンサーパック、透過モード、Modbus-RTUモード、12段ホップ、250mW高出力で活用範囲を拡がる